開催決定記念トークイベント第3弾! 秘境の東京ナイト@ 6次元「秘境の東京。そこで生えている。」の前にあったことなど<文字と即興~荻窪派 町と本~秘境の荻窪>

出 演:大原大次郎・佐藤直樹
日 時:2017年1月26日(木)19:30-(19:00開場)
会 場:6次元(http://rokujigen.blogspot.jp/
参加費:1,500円(ワンドリンク)
申し込み:件名を『秘境の東京ナイト』とし名前、人数を明記の上、下記までお申込みください。
rokujigen_ogikubo@ yahoo.co.jp  ナカムラ宛
※本イベントは6次元主催です。

佐藤直樹の初個展は、荻窪のブックカフェ6次元で行った「秘境の荻窪」(2013)だった。その「秘境の荻窪」は、大原大次郎さんと組んで開催した「文字と即興」(2010/アーツ千代田 3331)と「荻窪派 町と本」(2011/6次元)をきっかけに生まれたものだった。ということは「秘境の東京。そこで生えている。」には大原大次郎さんの成分も入っているのだろうか。

【プロフィール】

p_ohara

大原大次郎
1978年神奈川県生まれ。タイポグラフィを基軸とし、エディトリアル、CI、宣伝美術等に従事するほか、展覧会やワークショップを通して、言葉や文字の知覚を探るプロジェクトを多数展開する。近年のプロジェクトには、重力を主題としたモビールのタイポグラフィ〈もじゅうりょく〉、山岳写真と登山図を再構築したグラフィック連作〈稜線〉などがある。2014年JAGDA新人賞、東京TDC賞受賞。

 
イベントについて詳しくはこちら→6次元(http://rokujigen.blogspot.jp/

開催決定記念トークイベント第2弾!「モダンのあとさき:絵画に類するものをめぐる体験について」

出 演:原田マハ
日 時:2016年12月6日(火)19:00-21:00
会 場:3331 Arts Chiyoda(〒101-0021 東京都千代田区外神田6丁目11-14)地下1階マルチスペース(Website
参加費:1,500円(ワンドリンク)
申し込み:先着順(40名)/氏名と人数を明記の上、info@ithasgrown.com宛にメールでお申し込みください。

空きビルの合法的スクウォッテイングを謳い伝説となった建築・デザイン・アートの複合イベント「セントラルイースト東京」(2003-2010)のコアメンバーでもあった二人。だが、意外にもこれまでアートそのものについては語り合って来なかった。語らずとも通じた両者の根っ子で生き続けていたアート体験とは。

【プロフィール】
原田マハ 1962年、東京都小平市生まれ。森ビル森美術館設立準備室在籍時、ニューヨーク近代美術館に派遣され同館にて勤務。2005年『カフーを待ちわびて』でデビュー。2012年の『楽園のカンヴァス』は山本周五郎賞などを受賞しベストセラーに。アートを扱った作品として『ジヴェルニーの食卓』『太陽の疎』『モダン』『暗幕のゲルニカ』『デトロイト美術館の奇跡』『リーチ先生』などがある。

開催決定記念トークイベント第1弾!「なぜに今になってこのような形で描き始め、とまらなくなってしまっているのか」

出 演:宇川直宏
日 時:2016年11月26日(土)17:00-19:00
会 場:司3331(〒101-0048 東京都千代田区神田司町2-19)(Website
参加費:1,500円(ワンドリンク)
申し込み:先着順(30名)/氏名と人数を明記の上、info@ithasgrown.com宛にメールでお申し込みください。

二十年来の知己である宇川直宏が「今になってこのような形で描き始め、とまらなくなってしまっている」佐藤直樹の現在を徹底解剖。これはアートなのか。それともアート以外の何かなのか。独特の行為に結びつく衝動をソウルとブルースをキーワードに読み解く試み。

【プロフィール】
宇川直宏 1968年、香川県生まれ。グラフィックデザイナー、映像作家、ミュージック・ビデオディレクター、VJ、文筆家、京都造形大学教授、”現在美術家”など、多岐にわたる活動を行う全方位的アーティスト。2010年3月に個人で開局したライブストリーミング・チャンネル「DOMMUNE」は、開局と同時に記録的なビューアー数となり、国内外で話題を呼ぶ。

English