「秘境の東京」を3331に出現させるためにご支援をお願いします。

アートディレクター・デザイナーとして活動してきた佐藤直樹は、2013年東京電機大跡地の壁に描いた木炭画「そこで生えている。」が大きな反響を呼び、以来、木炭で植物の絵を描き続けています。木炭画は現在も増殖を続け、高さ1.8メートルのパノラマ画が100メートル幅に迫り、さらに高さ2.4メートルの植物立像30メートル、他の作品も含めると150メートルに達しつつあります。

描くことが止まらなくなってしまっている佐藤直樹の増え続ける作品群をまとめて観る機会をつくりたい、ここ数年の間に作品と接する機会を持った人々が中心となってこの展覧会を開催するための実行委員会を設立しました。

今回の展覧会では「そこで生えている。」シリーズに加え、これまで佐藤が描きためてきた作品や新作を、3331のメインギャラリーを使って展示します。高さ1.8メートルの作品を、ギャラリーの壁面を覆い尽くすようにして展示することで、他で得られない巨大パノラマのような絵画体験を提供したいと考えています。

そして、画家としては無名の新人である佐藤直樹の大規模な展覧会を実現させるため、また、出来るだけ広くより多くの方たちに伝えるため、クラウドファンディングを利用することにしました。

この展覧会に1人でも多くの方にご来場いただき、止まらなくなっている佐藤直樹の作品を観ていただくことがわたしたち実行委員会の願いでもあります。クラウドファンディングで応援してくださった全ての方にペアチケットをお送りいたします。ご家族やご友人を誘って、ぜひ会場に足を運んでいただき、「秘境の東京」を一緒に体験してください。

「秘境の東京」を3331に出現させるため、ぜひみなさまのお力をお貸しください。

Motion Gallery
詳しくはこちら

English